東京都品川区の新旧特徴

東京都品川区のイメージはいかがでしょうか。
 

新幹線が品川に止まるとともに、ビジネス拠点としての注目が集まっています。企業のオフィスが次々と設けられ、ビジネスパーソンの数が増えていますので、東京都の中でも品川区はビジネス最前線のイメージが強くなっています。
 
余計なことですが、品川駅は品川区ではなく、お隣の港区です。
それはさておき、東京都の中でもいくつかある下町情緒のある古き良さを残している街でもあります。
大井町がそれにあたるでしょう。町全体がそんな印象ですが、駅前の一杯飲み屋などは是非とも残しておきたいものの代表です。
Continue reading

東京都立川市の魅力について

東京都立川市は、ターミナル駅として毎日多くのビジネスマンやOL、学生などが通勤や通学に利用しています。立川市は、新宿駅から電車で30分くらいとアクセスも良く、非常に住みやすい街といえます。デパートや駅ビル、レストランなども数多くありますので、生活するのに全く不便を感じることなく暮らせます。立川市は東京都にありながら、非常に自然も豊かで、大きな公園もあり週末には家族連れで賑わいます。

また、東京都内にある大学の校舎が八王子市や国立市など、立川付近に多くありますので、立川市は学生の街としても知られています。

Continue reading

古代からの歴史がある東京都江戸川区

東京都江戸川区は23区内で最東端に位置し、千葉県に隣接しています。東京都江戸川区の東部を流れる江戸川を超えるとそこは千葉県の市川市で、東側では浦安市とも接しています。
 
また、北部は東京都葛飾区と千葉県松戸市、西部を流れる荒川を境にして東京都墨田区と東京都江東区に隣接しています。人口は2010年時点で約68万人となっており、この数は年々増加中です。昼夜間人口を比較してみると昼よりも夜の方が多く、この数値によって江戸川区の住民は、東京都の他の街や千葉県などに通勤や通学をしていることが多いといえます。東京都江戸川区が歴史に登場したのは、古代である8世紀前半です。

これから江戸川区をはじめとする23区や西東京も含めて、引越しを予定されている方は少しでも格安の業者を利用することで節約することが可能となりますので単身の引越しで東京都内のワンルームマンションに住む時には忘れずに見積もり比較を行うようにいたしましょう。

Continue reading

東京都の世田谷区について

東京都の世田谷区というと閑静な住宅地というイメージがあります。芸能人も多く住んでいるような暮らしやすい住宅が中心の地域です。この付近では、小田急線や世田谷線などの電車が通っており、かなり広域の地域になります。小田急線では、成城学園や豪徳寺、経堂、下北沢などの停車駅があります。また、世田谷線では桜上水などの地名もあったり、サザエさんの商店街もあったりします。田園都市線には三軒茶屋で乗り換えも可能です。
Continue reading

東京都にある町田市とは?

町田市とは東京都の多摩地域南部にある商業都市のことをさします。神奈川県の政令指定都市である横浜市、川崎市、相模原市すべてに隣接していることから町田市内の人口は都内では八王子市に次いで2番目に多く、横浜線や小田急線をはじめとする様々な鉄道が通っていることから乗降客も多く、駅周辺は人で賑わい混雑していることが多いです。

60年代以降はベッドタウンとして発達し、今でも市内各所では農業が行われていますが、バブル経済以降は町田市内に東京都の私立大学の転入が進み、現在も私立大学や一貫校が多数立地しているため、学生も多く、学校周辺の土地は閑静な住宅街が立ち並ぶことから学園都市としての一面も持ち合わせています。
Continue reading